災害時の避難行動STEP.3 DISASTER EVACUATION

1. 台風・大雨の際の避難行動

台⾵の接近や⼤⾬の恐れがあるときは、テレビやスマートフォン、携帯電話等で気象情報や避難情報を収集し、集めた情報をもとに避難のタイミングを決め、安全な場所へできるだけ早めに避難しましょう。「避難」とは「難」を「避」けることです。小・中学校や公民館に行くことだけが避難ではありません。避難行動として、神戸市が指定した避難場所への立退き避難、安全なホテル・旅館への立退き避難、安全な親戚・知人宅への立退き避難、自宅など安全な建物内での屋内安全確保(土砂災害警戒区域では立退き避難が原則です)があげられます。ハザードマップ等を確認し、台風や大雨の際の避難行動を確認しておきましょう。

安全な避難

避難情報と求められる行動

台風・大雨の際の避難行動

台風・大雨の際の避難行動

台風・大雨の際の避難行動

2. 地震・津波災害時の避難行動

地震が発生した時は、まず身の安全を確保し、テレビやラジオなどで「津波・大津波警報」の有無を確認しましょう。
津波・大津波警報の発表がある時は、海岸から離れて侵入の恐れのない区域へ、速やかに徒歩で移動する「水平避難」が基本となりますが、逃げ遅れた場合などは、近くの丈夫な建物の3階以上へ避難しましょう。

地震・津波災害時の避難行動

PAGETOP